探偵の料金の相場っていくらくらい?ズバリお答えします

長い人生の中でも探偵を使うことなんて滅多にありません。探偵事務所に相談に来られる方は、ほとんどの方が初めての方です。

そのため、探偵の費用がどのくらいかかるか全くわからないという方が多いと思います。

費用がどのくらいになるかわからないのに、相談に行くのはとても不安なはずです。そこで、そんな不安を払拭するため、このページでは、調査にどのくらいの料金がかかるのか説明したいと思います。

相談料:原則無料

今は、相談料は、どの探偵事務所も無料にしています。探偵と言っても、何でも調査できるわけではありません。違法調査はお受けできませんので、相談を受けてみないことには対応できるかどうか判断できません。

また、相談を有料にしてしまうと、相談者の方が料金がかかるため、複数の探偵事務所に相談したり相見積もりを取るのが難しくなります。それは相談者の方にとって不利益ですから、まともな興信所は依頼者のことを考えて、どこも相談料を無料にしているのです。

逆に言うと、相談しただけでお金を取るようなところはかなり危険と言えます。そういった事務所には慎重に問い合わせするようにしましょう。

調査料金

探偵の仕事の内容は、浮気調査、人探し、ストーカー対策、盗聴器発見、いじめ調査などですが、業務内容によって調査料金が変わる探偵事務所は少ないです。
調査にかかる費用は、調査するのにかかる探偵の人数や日数、時間によって変わりますのが基本です。

具体的には、探偵1名の単価×探偵の人数×実働時間です。
たとえば、浮気調査で探偵3名を使って3日間(1日8時間)依頼したとすると(探偵1名の単価1時間1万円)、3名×1時間1万円×8時間×3日=72万円となります。
探偵の単価は興信所によって様々ですが、だいたい5000円~2万円くらいところが多いです。

例外として、探偵の数にかかわらず調査日数で決めたり(たとえば1日20万など)、調査に成功した場合は○○万円。失敗したら0円みたいな取り決めをしている事務所もあります。

注意点

着手金無料・失敗したら全額返金などとホームページに大々的に記載している探偵事務所がありますが、要注意です。

なぜかと言うと実際に相談に行くと、「今回のケースですと難しい調査なので、初期費用がかかります」と言ってきたり、「初期費用はかかりませんが、実費はいただきます(この実費がものすごく高い)」ことがよくあるからです。

こういった手口を取っている事務所は本当に多いです。

また、調査の結果、浮気をしていなかったことが「わかった」ので今回の調査は「成功」ですという興信所も多いです。たまたま、1回調査した日に浮気しなかっただけで、本当は浮気をしているのかもしれないのに、これだと「浮気なし」という結論になってお金だけ取られるということになります。やはりきちんと浮気調査するには、怪しそうな日をピックアップして3日程度調べなくてはいけません。

冷静になって考えればわかることですが、浮気調査の料金を裏ワザ的に安くする方法なんて存在しないのです。浮気調査をするためには、探偵2,3人分の人件費、人数分の車両代、カメラなどの機材代、張り込みに使う喫茶店代など多額の経費がかかっています。もちろん、興信所の経営のためには事務所の家賃や光熱費だってかかります。探偵の育成費用もかかります。

もし、きちんとした興信所であれば浮気調査に失敗することはまずありません。それだけの経験と訓練をやってきているからです。ですから、わざわざ割高な成功報酬制に依頼する必要がないのです。

最初にきちんと適正なお金を支払って調べてもらった方がトータルでは安くなります。

通常契約と成功報酬制の違い

契約形態 評価(5段階) 詳細
通常契約 ★★★★★ 原則として調査前にお金を支払う。最もオススメ。
成功報酬制 ★★☆☆☆ 成功報酬制を謳っているが着手金などの名目で最初にもお金を取られる。調査後にも報酬を取られ割高。
完全成功報酬制 ★☆☆☆☆ 調査前にお金は取られないが調査後に目が飛び出るような請求をされる。証拠が取れなくても浮気をしてなかったので「調査は成功」と言われる。ちゃんと調査をしていたか確かめようがない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ