妻が浮気をしている時のサイン5つ 不倫を疑った時に夫が取るべき行動とは?

結婚後の浮気というと夫側がするパターンが多いのですが、中には女性がするケースもあります。

特に最近は、女性の浮気がとても多くなっています。

原因としては

  • 共働き世帯が増えて、職場不倫をする機会が多くなっている
  • facebookやlineのソーシャルメディアを使って連絡を取ることが容易になった
  • スマホが普及して出会い系サイトを利用しやすくなった

ことなどが考えられます。

実際、探偵が調べたところ、妻が浮気をしていたケースで一番多いのは職場の上司や先輩が1位。次いで元同級生、その次が出会い系となっています。

浮気の兆候を見逃さない

妻が浮気をしているかどうかは夫は気づきにくいケースが多いです。男性の浮気に女性が気づくことが多いのとは対照的です。

女性が浮気をしているサインを列挙するので該当しないかチェックしてください。

  • 夫婦のセックスの回数が減少した。特に妻が断ることが増えた
  • 妻の帰宅が遅くなった
  • 携帯をマナーモードにしていて着信があっても音がならないようにしている
  • 前より化粧が濃くなった
  • (主婦の場合)昼間にメールや電話をしても出ないor返信が遅い

この内、1つでも心当たりがある場合は要注意です。

絶対に問い詰めない

ただし、浮気のサインを見つけたからと言って、問い詰めたり、疑っていることは悟られないようにしてください。

女性は浮気を隠すのがとても上手いからです。

浮気を疑っても、否定されて、より巧妙に浮気をしていくだけです。

あなたの給料で食べながら自分は外で恋愛を楽しむということです。

それだけは許してはいけません。

不倫をやめさせるにしても、離婚をするにしても。証拠をつかむのが先です。日本の司法では妻が離婚しないと言った場合、いくら浮気が怪しくても証拠がないと離婚できないのが現状です。

浮気の証拠をつかむためには、大きく分けて2つの方法があります。

1つ目は携帯電話です。

携帯のメールに明らかに不倫のやり取りがあれば、それを証拠にできます。

しかし、不倫をしている時は、逐一、怪しいメールを消していたりロックをかけている妻も少なくありません。そもそも「好き」などの決定的なやり取りをしているとは限りません。

ちなみに、デートの約束などのメールだけでは不倫の証拠には弱いので注意が必要です。

もう1つの方法はやはり探偵を使うことでしょう。

まともな探偵を使えば、ほぼ間違いなく証拠をつかめます。写真や動画ですから裁判でも通用しますし、本人も言い逃れのできない決定的な証拠です。

ただ、費用がかかるという欠点があります。

少なくとも数十万円かかってきます(1日だけの調査などであればもう少し安いですが。詳しくは探偵の料金を御覧ください。)

費用がかかっても真実をはっきりさせたいかどうかで自分で調べるか探偵を使うかが決まってくるでしょう。

いずれにしても、先ほど述べたように本人に追及することだけは辞めましょう。証拠をつかみずらくなるだけです。

たとえ本人が認めても後から、主張を変えることもあります。注意してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ