夫の浮気を見抜くチェックポイント5つ その時妻が取るべき対処法

もしも、夫が以下のチェックポイントに1つでも当てはまったら、それは浮気の危険な兆候です。

  • 携帯電話を手放さない。
  • 以前はなかった休日出勤が増えた。
  • 髪型を気にするようになった
  • 体毛を気にするようになった
  • 出張が増えた
  • 小遣いを増やしてと要求するようになった
  • 妻に対して冷たくなった
  • 不機嫌にしていることが多い

注意点は「変化」です。もともと身だしなみに気を使う人だったり仕事が忙しくて帰りが遅いという場合は気にする必要はありません。

そうではなく、急に整髪料を使い出したり、「仕事が忙しい」と言い出したりといった変化があった場合に気をつけましょう。浮気を始めた可能性が高いです。

夫の浮気を暴くために

夫に浮気の疑いがあっても、すぐに追及はせず、行動記録をつけていきましょう。

たとえば特定の曜日が帰りが遅かったり、浮気をしているであろう日を特定するのです。

ただし、妊娠中や子どもが小さい時などは、そんな余裕もないかもしれません。そういう時は、すぐに専門家に浮気相談することをおすすめします。

不倫は遊びのうちであれば、離婚には発展しません(もちろん遊びの浮気でも許せないから離婚するという人もいるでしょうが)。

離婚したくないなら、早めに証拠をつかんで浮気相手に慰謝料請求することです。その時点で相手も冷静になって破局する可能性が高いです。関係が進んでしまうと、不倫が発覚してバレても別れず、逆に離婚を要求されるという可能性もあります。

離婚をするにしても、しないにしても大事なことは、とにかく早めに証拠をおさえるということです。

妻の立場は法的にとても強いので夫の浮気の証拠を持っていれば、離婚を拒否することもできますし、離婚を求めたり慰謝料を請求することもできます。自分に有利なように物事を進めることができるのです。

では、証拠をつかむにはどうすれば良いか。

ケースバイケースですが、現場に乗り込んでいくのが一番決定的ではあります。

ただし、ばれないように尾行したり、張り込みしたりしなければいけません。職場の近くで仕事が終わるのをずっと待って後ろからつけていくというのは現実的ではないですね。

相手がよほど鈍感であれば良いですが、素人が探偵の真似事をするとたいてい気づかれます。

特にやはり女性と会ってるということがわかった瞬間などは冷静でいられないはずです。心の中は「夫に死んで欲しい」「浮気相手が許せない」という感情も湧き出てくるはずです。

そんな時に鮮明な写真をおさえたり、ホテルや部屋に入った瞬間に自分も乗り込んでいくというのは中々難しいはずです。

もし、できるなら、かなり効果的ではありますが。精神的に相当強くないといけません。

通常は、やはり探偵を使うということになるはずです。探偵の選び方を参考にして自分にぴったりの興信所を見つけてほしいと思います。

もちろん原一探偵事務所も相談いただければ全力であなたをバックアップします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ