夫のモラハラ行為がひどくて離婚したい方へ。慰謝料を取る方法教えます

夫の暴言がひどく、離婚したいと思っても、経済的理由で離婚できない女性は多いと思います。

特に仕事をしていない主婦の場合は、パートに出ても、収入は20万もいかないことがほとんどですから。

でも、財産分与や慰謝料をたっぷり取れるとしたらどうでしょうか。

モラハラでは慰謝料をほとんど取れない?

たしかにモラハラの慰謝料は不倫や暴力の場合とくらべて極めて低額なのが実情です。

でも、モラハラ夫は高い確率で浮気や風俗、キャバクラに行っているという事実があります。

もし、その証拠をつかむことができれば離婚は可能ですし、慰謝料も取れる可能性が出てきます。

もちろん、モラハラの証拠も保存しておきましょう。録音や日記をつけて離婚調停に備えるのです。

キャバクラに通ってる証拠などは自分で写真に撮るのは難しいので興信所に頼んでください。

ちなみにこれは、妻がモラハラをしてくる場合も同様です。

女性がモラハラをしてくるケースはモラハラ夫と比べると少ないですが、最近は少しずつ増えてきています。

そして、そういうモラハラ妻は、夫がいない間に出会い系を使っていたり、ホストクラブに行っていることがあるのです。

そういったことがない場合も自分だけエステに行ったり浪費しているケースがあります。

自分が仕事に行ってる間に調べるのは難しいのでこの場合も興信所に依頼して調べてもらうとばっちり証拠が上がってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ