浮気に気づいたきっかけ 浮気被害者体験談

携帯を見て発覚した方の場合

旦那とは付き合っている時からだと、10年たつのですぐわかりました。
行動がいつもと違いました。なぜか携帯をトイレまで持っていったりちょっとした買い物をしてくれたりしました。
私には怪しいと思い旦那がお風呂中に見てはいけないと思いつつもはっきりしたいので携帯を見ました。

思った通り浮気していました。

私は黙っていられないタイプなのでお風呂上がりすぐつきとめました。

認めたので、旦那にいつから付き合っているのか、本気なのかなどなど聞きました。旦那の話だけでは信じられないので私は彼女と2人で会えるように旦那に頼み話し合いをしました。

お互い本気ではないと話していますが本当はどうかわかりません。

私は浮気は絶対許せないです。親が浮気をしている場面に出会ってしまいそれから浮気は大嫌いです。

なので1回とはいえ絶対許すつもりはありません。

しかし、今は子供が小さく私が働いていないので生活できないので子供が大きくなったら働いて稼げるようになったら離婚するつもりです。

こういうふうに思っている事は旦那には言わずその時が来るまでは内緒にします。

浮気を大嫌いと知っているはずなのに私にも悪いところはあるだろうけど浮気する旦那が信じられないです。

こういった対処法もアリだとは思います。ただし、表面的には許した形になっていますので、将来も慰謝料請求はできなくなるということだけは覚えておいた方がよいでしょう。それは嫌だという人は、今すぐ証拠を確保して慰謝料請求しましょう。別に離婚をしなくても相手の女性に請求することは可能です。また夫に請求することも問題ありません。もっとも家計で見ると夫に請求することはあまり意味がないと考える人が多いでしょうが。

さらに問題なのは、将来離婚しようとしても、あの時の不倫はもう時効ということになりかねません。離婚するというのはお互いが合意しない場合、意外とハードルが高いのです。
一方、不倫をされてすぐであれば、当然、離婚原因として裁判所でも認めてもらえます。相手がいくら離婚したくないといっても強制的に離婚できるのです。また子どもがいる場合も、離婚をすれば養育費がもらえるというメリットもあります。

もちろん、離婚をするかしないかに正解はありません。人それぞれなので知識を得て、自分に合う方を選んで下さい。

次はLINEで浮気を見つけた方の体験談です。

LINEを見ました

3年前、妊娠8か月の時に夫の不倫が発覚しました。

私が妊娠してからだんだんと出張や残業が増え、スマホを肌身離さず持ち歩くようになったので怪しいと思っていました。

夫の出張の前日の夜中、なかなか寝付けずとうとう我慢できなくなり、夫が寝ている隙にスマホを持ってトイレに籠りました。

ロックを解除するとすぐにLINEの画面が表示され、明らかに不倫していると思われる文章や写真がありました。

相手は夫と同じ職場の女性で、私とも面識のある方でした。

手は震え、はらわたが煮えくりかえるような思いでしたが、冷静にならなければと思い、何度も深呼吸を繰り返しました。
落ち着くと夫が起きるのが怖くなってきたので、怒ったり泣いたりする前にとにかく証拠を確保しなければと考え、

夫のスマホで相手の女性との会話とプロフィールをスクリーンショットで撮り、私のLINEへ送りました。
その後は、夫のスマホからスクリーンショットとそれを送った痕跡を全て削除しました。

消し忘れたものがないか何度も確認した後、スマホを元の場所へ戻しました。

翌日、生きた心地がしませんでしたが、夫は相変わらずニヤニヤしながらスマホを見つめており、バレた様子がなかったので安心しました。

その日は夫が仕事へ行くとすぐに産婦人科へ行き、性病検査をお願いしました。

理由を聞かれたので、恥ずかしかったのですが夫に不倫されていることを話しました。泣いてしまい、病院の方々にはご迷惑をかけてしまいました。

検査の結果、ある病気が陽性となり、治療をすることなりました。不倫するだけではなく、お腹の赤ちゃんの命まで危険にさらした夫に強い憤りを覚えました。

病院で診断書をもらい、その日のうちに荷物をまとめて実家に帰りました。

両親にいきさつを話すと弁護士を入れるのを勧められたので、父の知人の弁護士に頼みました。

弁護士の先生に条件を伝えた後はほとんどお任せして、私は出産に専念させてもらいました。

そのうちに元気な女の子が生まれ、夫と不倫相手からそれぞれ慰謝料を一括で払ってもらい、親権は私、養育費がいらない代わりに面会もなしということになりました。

私は幸いにも手に職があったため、職場復帰もすることができました。今は娘と二人で穏やかに生活しています。

この方の場合はLINEに画像の証拠と診断書という言い逃れのできない客観的証拠があったので良いですが、肉体関係を証明できない場合は、いくら怪しい文面があっても慰謝料を取れないので注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ